AGA治療をしたいけど、費用が気になってなかなか踏み出せない方が多いかと思います。それが普通です。でも費用を知ったら安心して臨めるかもしれません。

  • ホーム
  • ミノキシジルとプロペシア併用で効果UP

ミノキシジルとプロペシア併用で効果UP

財布を持っている男性

ミノキシジルはプロペシアと併用することで、発毛力や育毛効果UPに結び付きます。
ミノキシジルは外用タイプが主流ですし、国内でも医薬品として販売される製品があるほどです。
しかし単独では育毛効果が不十分なので、プロペシアと併用するのが効果UPにおいて理想的です。

一方のプロペシアは処方薬な上に、脱毛原因5αリダクターゼの影響を食い止める働きがあります。
ミノキシジルは血管を拡張したり、薬剤の成分を隅々まで送り届けるので、併用すると相乗効果に期待できます。
2つの薬は反発し合うことなく、併用して使える理想的な組み合わせです。
国内でも治療における第一選択となっていますから、併用を前提に使用を考えるのが、効果UPを狙う際のポイントです。

ミノキシジルの外用薬は承認済みですが、内服タイプのタブレットは未承認医薬品です。
その為、服用薬のプロペシアと外用薬のミノキシジルを併用するのが主流です。
プロペシアは5αリダクターゼと結び付く受容体に働き掛け、影響を阻害することで脱毛や毛の短命化を阻止します。

そこにミノキシジルを加えると、今度は血管が広がり、毛根に栄養を送り届ける血流の増加に至ります。
ミノキシジルは攻め、プロペシアは守りと考えられますから、これらの併用が理想といえます。
5αリダクターゼは育毛環境を悪化させるので、発毛力を回復したり高めるのが主な目的です。
プロペシアは5αリダクターゼを食い止めるものの、発毛力を引き出すにはもう一押しが必要です。

ミノキシジルだけ、あるいはプロペシアのみを服用して育毛効果を狙う人がいます。
ただ単独では攻守のいずれかだけで、5αリダクターゼに立ち向かう装備が不足している状態です。
ミノキシジルとプロペシアは、併用してこそ発毛効果UPであったり発毛力の獲得が行えます。
未承認医薬品のミノキシジルタブレットは兎も角、外用薬はプロペシアと同様に、国内でも認められています。
安全性や組み合わせの相乗効果は折り紙付きなので、5αリダクターゼによる脱毛が気になったら試してみる価値があります。

ミノキシジルタブレットは国内未承認となっている理由

AGA治療には服用するタイプのプロペシアと塗布するタイプのミノキシジルが有力といわれています。
プロペシアは5αリダクターゼを阻害する作用を持つ医薬品で、プロペシアを服用すると脱毛を促進させるDTHを抑制させる効果、DHTを変換させる5αリダクターゼを阻害して脱毛をストップさせる効果を期待出来ます。
プロペシアを服用するまでは脱毛が続く症状が連続していたものが、5αリダクターゼを阻害する事で脱毛を促すDHTが抑制されるため、髪の毛が生えて来るしかも途中で抜け落ちる事なく長く伸びるようになります。
但し、育毛の効果はプロペシアだけでは期待が出来ないので、ミノキシジルと呼ぶ育毛剤を使って発毛力を高める事が出来ます。

この二つの医薬品は国内で承認が行われているもので、AGA治療を専門に行っている病院での処方を受ける事が出来ます。
ミノキシジルは薄くなった部分に塗布する医薬品ですが、海外にみはミノキシジルタブレットと呼ぶ服用するタイプの医薬品も登場しています。
2つを併用する事は発毛と育毛二つの効果UPを期待出来るメリットがありますが、ミノキシジルタブレットは未承認医薬品であり、個人輸入代行を行っている通販薬局で入手が出来ます。
国内で未承認医薬品になっている理由の中にはミノキシジルには多毛症などの副作用がある事があげられます。
塗布する場合には、医薬品の作用は塗布した部分やその周辺に作用する事になりますが、服用するタブレットは血液で全身に作用が行き渡る事になるので、多毛症の副作用は全身に及ぶ可能性もあります。
また、ミノキシジルは血管を拡張する作用を持つ医薬品でもあり、服用する事で血圧の上昇などのリスクもあるため未承認医薬品になっているわけです。

サイト内検索
人気記事一覧