AGA治療をしたいけど、費用が気になってなかなか踏み出せない方が多いかと思います。それが普通です。でも費用を知ったら安心して臨めるかもしれません。

  • ホーム
  • 育毛剤のロゲインは本当に効果あるの?

育毛剤のロゲインは本当に効果あるの?

ロゲインは育毛剤というよりも発毛剤で、日本では広く知られている大正製薬のリアップよりも歴史の古く海外では有名なものです。
ロゲインはアメリカのファイザー社が開発して発毛剤で、泡状のフォームタイプ、液状のローションタイプがあり、日本で購入する場合はクリニックでの処方か個人輸入になります。
ロゲインは日本の薬事法での医薬品や医薬部外品には分類されていないものです。
しかし日本で発毛効果が認められている成分のミノキシジルが配合されているので、発毛効果については日本で発売されているものと比較しても同じような効果が期待できます。

ロゲインは発毛効果があることで注目されていて、有効成分のミノキシジルは医学的にも発毛が認められている成分で、日本で知られているリアップにも配合されている成分です。
ミノキシジルという成分には、血管拡張作用、毛乳頭細胞を刺激する作用があります。
血管を拡張して血行促進する効果は髪の毛の成長や生成には必要なことで、髪の毛は頭皮の毛細血管からも栄養を得て成長するため、血行不良になると栄養が頭頂部まで行きわたらず健康な髪の毛が成長できなくなります。
さらに毛乳頭細胞を刺激すると、発毛の指令を出す毛乳頭細胞をミノキシジルは活性化させることができます。
また、これらの作用が期待できるミノキシジルを配合したファイザー社のロゲインは新たに髪の毛を生成させることが期待できる育毛剤といえます。

発毛剤として効果が期待できるロゲインには副作用の可能性があります。
頭皮の発疹やかゆみ、かぶれ、頭痛やめまい、急な体重増加もあり得ます。
副作用があらわれる可能性はあるので症状があらわれた場合には使用を中止して医師に相談することが大切です。
ロゲインはミノキシジルを配合した医薬品と同等の副作用の可能性があったり、ファイザー社のロゲインは海外で製造されているので保険適用外になることは事前に把握しておく必要はあります。
ロゲインは育毛剤というよりもミノキシジルが配合されている発毛剤なので、副作用の可能性はあり得ますが発毛効果は期待できます。

リアップとロゲインの効果の比較について

リアップとロゲインの有効成分はともにミノキシジルで、発毛効果は同じと考えてよいでしょう。
リアップは大正製薬の第一類医薬品の発毛剤として知られており、日本で唯一髪の生える発毛剤として認可されています。
ロゲインはアメリカのファイザー社が販売しており、ミノキシジル配合発毛剤の本家と言えるでしょう。
ミノキシジルは血行を促進して毛母細胞を元気にする効果があり、市販の発毛剤では5%の濃度まで認められています。

第一類以外の発毛剤や育毛剤と比較して高い効果があり、AGA対策として重宝されています。
リアップとロゲインの効果に違いはありませんが、価格で比較するとロゲインのほうが安いです。
ただし保険適用外となるため、安心して使用したい方は薬剤師の相談を受けられるリアップがおすすめです。

使用期間はミノキシジルの濃度によりますが、4ヶ月または6ヶ月以上の使用が推奨されています。
数日で劇的な変化を得られる薬ではなく、継続することで頭皮サイクルを正常にします。
抜け毛をへらしたり産毛を濃くしたりする作用があるので、まずは6ヶ月以上の使用がおすすめです。

リアップを使用して効果を実感できた方なら、ロゲインも同じように使用できるでしょう。
効果・副作用はまったく同じですから問題はありません。
ミノキシジルの含有量によっても効果・副作用の度合いが変わることがありますが、1%を使用して問題ない方は5%でも大丈夫なケースが多いです。
ロゲインの購入は自己責任で薬剤師のサポートは受けられないので、最初にリアップを使用してからロゲインに移行するのがおすすめです。
抜け毛の減少や産毛の成長などの実感を得られたら、発毛効果が出始めています。