AGA治療をしたいけど、費用が気になってなかなか踏み出せない方が多いかと思います。それが普通です。でも費用を知ったら安心して臨めるかもしれません。

  • ホーム
  • AGA治療しても薄毛が改善されないこともある

AGA治療しても薄毛が改善されないこともある

AGA治療はセルフケアの数倍効果的ですが、確実に薄毛が改善されるわけではありません。
よくある例は発毛せずに現状維持に留まるケースで、抜け毛は減りますが髪は増えません。
AGA治療を受ける人にとって目的は発毛なので、抜け毛防止だけでは物足りないと感じることでしょう。
ほかにも年齢的な問題によって発毛が難しいケースもあるので、100%の効果を期待できるわけではありません。

若いころは十分なボリュームを維持できていても、年を取るとボリュームダウンしてしまう人はいます。
頭皮状態は肌と同じく老化の影響を受けるので、年を重ねるほど薄毛のリスクは高くなります。
AGA治療は薬による対策が一般的ですが、重度の症状だと思うような効果を発揮できません。
毛量を復活させるためには抜け毛を減らすことが先決で、抜け毛の量が正常になってから少しずつ髪が濃くなっていきます。
大量に抜けてしまうと復活させるべき毛量が多くなるので、改善までに時間がかかるわけです。

AGA治療で注意したいのは、薬物療法を中断してしまうことです。
1~2ヶ月継続しても実感できず、そのままやめてしまう人は少なくありません。
薬を服用して1ヶ月以上改善されなければ中断したくなる心理は普通でしょうが、薄毛改善には時間がかかります。
半年以上はかかるのが普通ですから、長期スパンで気長にケアをしてください。
即効性を求める人ほど失敗する傾向があるため、最初から1年間は継続するなどと決めておくのが好ましいです。

AGA治療が実感できない場合は、男性ホルモンや血行不良以外に原因があるのかもしれません。
ストレスも薄毛の原因になるので、ストレス過多の生活を続けていると発毛が難しくなります。
ストレスを感じると人間の身体は抵抗力が低下し、ダメージを受けやすくなります。
ダメージに負けない頭皮を復活させるためにも、ストレス対策をしっかりと行った上でAGA治療を受けてください。
心と体のバランスを維持することが、ヘアサイクルを整えるために大切です。

AGA治療を開始するなら年齢が若い時の方がいい

AGA治療で薄毛の症状を改善したいと考えている場合、1つ注意しなければならない点があります。
その注意点となるのが、なるべく早いうちに治療を開始するということです。
症状を改善するためには、薄毛が進行する前に治療を開始することが必要不可欠です。
そして症状が軽いうちに治療を開始するのに加えて、年齢が若いうちに始めるようにしましょう。

年齢が若いうちにAGA治療を開始することで、投薬の効果を感じやすくなります。
その一方で、若い方の中には治療を受けることをためらってしまう方も多くいます。
ですが薄毛の症状は若い方でも起こる可能性があることなので、ためらわずに早めに治療を受けることが大切です。

また初期症状のうちにAGA治療を受けることが大切とはいえ、なかなか薄毛が進行していることに気が付かないというケースも見られます。
普段から頭皮の状態を確認して、初期症状のうちに治療が受けられるようにしましょう。

実際に投薬を始めてから大切なことは、治療を受けている状態を維持することです。
投薬によって少しでも症状が改善すると、自己判断で治療を中断してしまう方もいます。
しかし自己判断で治療を中断してしまうと、薬の効果が得られなくなります。
一度中断すると、その後再開してから治療の効果が得にくくなるので注意が必要です。

AGA治療は若いときから始めて続けることで、高い効果が期待しやすくなります。
また治療を開始したら自己判断をするのではなく、必ず医師の指示に従うようにしましょう。
実際に治療を始めても、すぐに効果が出るわけではありません。
効果が出るまで続けることが大変なこともありますが、根気よく治療を継続することが大切です。